“には”和“では”的区别

转载:

「に」と「で」は非常に多くの用法が見られるため、ここですべての用法を列挙することはできませんが、そうした中で両者が意味的に非常に似た関係に立つことがあります。その一例として例えば次のような場合が挙げられます。
由于“に”和“で”的用法非常多,所以在这里不能把它们的用法一一列举。我要谈的是两者用法中非常相似的地方。可以举以下的例子来予以说明。

広場にはたくさんの人が集まっていた。
広場ではたくさんの人が集まっていた。
广场上有很多人集中在那里。
广场上集中了很多人。

これらは若干のニュアンスの違いはあるものの、そこに表されている内容はほぼ同じことがらを指し示しています。
这两个句话虽然有细微的差别,但表达的内容几乎是相同的。

この点について考える前に、まず「に」と「で」の違いについてごく単純な例を用いて観察することにします。
在思考这个问题之前,我们先举几个简单的例子,来看一下“に”和“ で”的用法区别。

部屋に机がある。
×部屋で机がある。

部屋で子供がゲームをしている。
×部屋に子供がゲームをしている。

房间里有桌子。正确的表达是“部屋に机がある。”,而不能说“部屋で机がある。”

孩子正在房间里玩游戏。正确的表达是“部屋で子供がゲームをしている。”,而不能说“部屋に子供がゲームをしている。”

これらの例では「部屋で」と「部屋に」がどちらも[場所]を表していますが、後ろにくる表現によって「に」が使えない場合と「で」が使えない場合があります。この違いはそれぞれの[場所]が「何かが存在する場所」であるか「動作?行為?出来事が起こっている場所」であるかという違いに関係しています。すなわち[存在]の場所を指す場合は「に」が用いられ、[動作?行為?出来事]の場所を指す場合は「で」が用いられています。したがって、ご質問の「に」が使えない場合とは[動作?行為?出来事]の場所を指す場合ということになります。
以上的例子中“部屋で”和“ 部屋に”,虽然两者都表示“场所”,但是后续内容有些是不能用“に”,有些是不能用“ で”来表示的。这是因为“场所”分为两种,一种是指物体等存在的地方;一种是指动作、行为、事件发生的地方。表示存在的场所时,我们用“に”。表示动作、行为、事件发生的场所时,我们用“で”。所以说,如果是指动作、行为、事件发生的场所时,就不能使用“に”。

では最初の例はなぜ「に」も「で」も用いることが可能なのでしょうか。それは「集まっている」という表現の表す意味の多様さと関係しています。「集まっている」は「集合する」という動作や「集会を開く」という行為が今目の前で行われているという解釈を持つ一方で「集まった結果そこに複数の人が存在する」という解釈も可能です。これはつまり文脈次第で「集まっている」という表現に動作や行為の解釈と存在の解釈のいずれを読みこむことも可能であるということです。したがって前者の場合は「集まる」行為を行う場所を「で」で指し示し、後者の場合は「集まっている」存在の場所を「に」で指し示すことになるわけです。
那么,为什么在刚开始的例子中“に”和“ で”都可以使用呢。那是因为“集まっている”(集中、集合)这个谓语表达有多种意思。“集まっている”有“集合”或“集会”的意思,它侧重表现一种动作行为。同时“集まっている”也可以解释为“由于集中到一起,所以就有很多人在那里”。也就是说,根据上下文,我们可以把“集まっている”作两种解读。既可以认为是动作行为,也可以解释为存在的地点。

したがって前者の場合は「集まる」行為を行う場所を「で」で指し示し、後者の場合は「集まっている」存在の場所を「に」で指し示すことになるわけです。
所以,“広場ではたくさんの人が集まっていた。”侧重于表达“集合”这个行为发生的场所。“広場にはたくさんの人が集まっていた。”侧重于指出“集结”的地点。

未经允许不得转载:我说吧 » “には”和“では”的区别

赞 (0) 评论 (0) 分享 ()

评论 抢沙发

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址