日本歌舞伎的成长

舞妓・芸妓とは、唄や踊り、三味線などの芸で宴席に興〔きょう〕を添えることを仕事とする女性の事をいいます。舞妓とは芸妓になる前の未成年(15歳から20歳くらいまで)の少女のことです。舞妓として約5年間修行した後、芸妓になります。
华丽背后的成长

まず、舞妓さんはおおむね二十歳までの娘さんに限られていますし、お座敷に出られるようになるには「仕込みさん」として、花街のしきたりや行儀作法、京都以外の出身の娘さんには京言葉などを少なくても一年程は修行しなければなりません。ですから、中学校卒業と同時に置屋さんで仕込みさんとして修行を始める娘さんが多く、なかには、置屋さんで修行しながら中学校へ通うといったケースもあるようです。

仕込みさんとしての修行が終わり、舞妓さんになる前の一カ月ほど「見習いさん」としてお茶屋さんの仕事を手伝いながら、自動車免許の路上教習のように実際のお座敷にでるための勉強をします。

置屋さんに表札を出してもらい、組合にも登録が済むといよいよ舞妓さんとしての仕事が始まります。紋付きの黒い着物にだらりの帯の姿で、お茶屋さんに挨拶廻りをし、お披露目をします。

舞妓さんを卒業する時期が来ると「襟かえ」をして芸妓さんになります。
お茶屋さん:京都などにおいて花街で芸妓を呼んで客に飲食をさせる店のこと

「一回限りでなく、長いお付き合いをするという気持ちで接客をします。」

京都的很多茶屋都是“一見さんおことわり”,也就是不接待生客,因此给不了解京都文化的人留下了“傲慢”的印象。所谓“一见先生”就是初次见面的客人,因此从店家的角度来看,到底是从事什么工作的人、喜欢什么口味、预算大概是多少、选什么话题比较合适等,完全不清楚,容易给双方都留下不愉快的印象。想去的话需要朋友(常客)帮忙预约,如果受到店家欢迎的话,也是能成为常客的。

未经允许不得转载:我说吧 » 日本歌舞伎的成长

赞 (0) 评论 (0) 分享 ()

评论 抢沙发

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址